【主治医が見つかる診療所】究極の配合だしの作り方!コレステロール改善に

配合だし 料理のレシピ

2019年10月24日放送された「主治医が見つかる診療所」は
芸能人コレステロール&中性脂肪ドッグ

工藤孝文先生考案の1日1回を飲むだけで
コレステロールを改善することができる
究極の「配合だし」のレシピの紹介をします。

スポンサードリンク

コレステロールを改善する方法

工藤内科の工藤孝文先生によると、
コレステロールを改善するには味覚を
正常に戻すことが必要だといいます。

濃い味付けに慣れてしまっているので
その味覚を正常にすることで、
コレステロールを下げることが可能です。

その方法は、1日1回ダシを飲むことなのです。

患者さんに飲んでもらって
実際に成果が出ているのだそうです。

スポンサードリンク

究極の配合だしのレシピ

配合だし

材料

けずり節 30g

煮干し 10g

刻み昆布 10g
※塩分なしのもの

緑茶 5g 

作り方

1.フライパンを中火にかけかつお節と煮干しを
からいりする

2.①と昆布と緑茶をミキサーにかけ
パウダー状になればできあがりです。

密閉容器に入れれば冷蔵庫で約2週間保存できます。

工藤先生はより風味を出すために、
元の材料から作っていましたが、
鰹節や煮干し、昆布は粉末のものでもかまいません。

※緑茶に含まれる茶カテキンには
悪玉コレステロールの吸収を抑制する効果があります。

配合だしの取り入れ方

1日1杯、このだしを小さじ3杯をコップなどに入れ
お湯を注いで飲むだけ。

味覚がおかしくなっている人は
最初は薄味に感じますが、
3~4日飲み続けるとダシの旨味を
感じられるようになるとのこと。

そうすると濃い味付けの食事でなくても
満足できるようになり
コレステロール値が下がってきます。

また、配合ダシを飲むだけでなく、
料理の味付けにも使うとよいとのこと。

例えば野菜サラダにドレッシングがわりにかけたり、
野菜炒めや牛ステーキに調味料代わりにいれたりすると
よいそうです。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました