魚焼きグリルで絶品レシピのまとめ!ローストビーフやタンドリーチキン【家事ヤロウ】

えびエビフライ 家事ヤロウ

2019年7月4日に放送されたテレビ朝日系番組「家事ヤロウ」

バカリズム×中丸雄一×カズレーザーが
家事をゼロから徹底的に学んでいきます。

今回は魚焼きグリルで簡単料理を学びます。

主婦がマネしたい魚焼きグリルレシピベスト5。

1位から5位までのレシピをまとめて紹介します。

スポンサードリンク

魚グリル料理1位:エビフライのレシピ

魚焼きグリルを使うと
少ない油でエビフライができる!

材料

パン粉 100g

サラダ油 大さじ3

エビ 4尾

塩 適量

コショウ 適量

小麦粉 量

卵 適量

作り方

1.ボウルにパン粉、サラダ油を入れて混ぜる。

パン粉に油を染み込ませて揚げる状態を再現します。

2.エビに塩・コショウをまぶし、
小麦粉→卵→パン粉の順につける。

3.魚焼きグリルの上にアルミホイルをひき、
その上にエビを並べて置く。

4.強火で2分30秒ほど焼いてひっくり返す。

5.裏面も強火で2分30秒焼けばできあがり!

えびエビフライ

魚焼きグリルの場合は油の処分がいりません。

魚グリル料理2位:タンドリーチキンのレシピ

タンドリーチキン

魚焼きグリルを使えばお店レベルの
タンドリーチキンが作れる!

材料

ヨーグルト50g

塩 小さじ1

カレー粉 大さじ1

ケチャップ 大さじ1

鶏むね肉 1枚

作り方

1.保存袋にヨーグルト、塩、カレー粉、
ケチャップを入れ手で揉み込む。

2.鶏むね肉にフォークで数か所に穴を開ける。

鶏肉に穴をあけて熱を通しやすくする

3.①の中に②の鶏肉を入れて、2時間寝かせる。

4.③を皮を下にしてグリルで強火で8分焼く。

5.ひっくり返してさらに裏面を7分焼けばできあがり!

魚焼きグリルは網で焼くためフライパンで焼くより
油が25%落ちてヘルシーに!

魚グリル料理3位:スイーツ「スモア」のレシピ

スイーツ「スモア」

日本でも映えると人気のスイーツ!

材料

ビター味の板チョコ 1枚

マシュマロ 10個

作り方

1.耐熱皿に、ビター味の板チョコを砕いて並べる。

スポンサードリンク

マシュマロが甘いので、
チョコは甘さ控えめのビターチョコがおすすめ。

2.魚焼きグリルに入れ、中火で2分温め、チョコを溶かす。

3.取り出して、チョコをスプーンなどでかき混ぜる。

4.③の上にマシュマロを並べる。

5.再び魚焼きグリルに入れ、
中火で1分30秒焼けばできあがり!

魚グリル料理4位:ローストビーフのレシピ

魚焼きグリルを使うと3分の1の時間で
ローストビーフが作れる!

材料

牛ブロック肉 1個

塩 適量

黒コショウ 適量

にんにくパウダー

作り方

1.牛ブロック肉に、塩、コショウ、
にんにくパウダーを全体にまぶして手ですりこむ。

2.①を魚焼きグリルに入れ、
弱火で5分焼く。

弱火で焼くと適度に表面が焦げ中まで火が通る

※お肉の厚さによって時間は変わります

3.5分たったら、ひっくり返し裏面も5分焼く。

4.火を止めて取り出し、アルミホイルで包む。

ローストビーフ

5.④を魚焼きグリルに戻し入れ、そのまま10分、
(火は付けずに)余熱で温めればできあがり!

熱伝導率のいいアルミホイルをまいて
全体に火を通す

グリル内の余熱は約60℃なので
肉のたんぱく質が固くなりにくい

魚グリル料理5位:焼き野菜のレシピ

魚焼きグリルを使うとフライパンで焼くより
野菜が甘くなる!

材料

アスパラガス 

長ねぎ

プチトマト

豚バラ肉

そら豆

オリーブオイル

塩 

黒コショウ 

作り方

1.アスパラガスの皮をむき
オリーブオイルを塗る。

塩、コショウをまぶす。

オリーブオイルを塗ることでパサつきをおさえ
香ばしくなる。

2.長ねぎを4cm輪切りにし、塩、コショウを振る。

3.プチトマトに塩、こしょうで味付けした
豚バラ肉を巻いていく。

トマトはカットすると果汁がこぼれ
甘みが逃げてしまうため切らずに焼くほうがよい。

4.そら豆は開かずさやのまま焼く。

さやごと焼くとうまみが閉じ込められる

5.魚焼きグリルの一番奥にそら豆を置く。

端の方が火力が高いため

5.④の隣にネギを並べる。

6.手前側に③のプチトマトの豚肉巻き、
アスパラを置く。

7.強火にして焼き、
5分後にトマトの豚肉巻きをひっくり返す。

魚焼きグリルは上から火が出るのが主流のため
途中でひっくり返す必要がある

8.さらに強火で4分焼けばできあがり!

高温の魚焼きグリルで焼くことで
水分を一気に飛ばし、甘みを残します。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました