お米

ヒルナンデスで
お米専門店(株)スズノブの
五つ星お米マスターの
西島豊造さんがお米の保存法や
古くなったお米をおいしく食べる方法を
教えてくれたのでまとめてみました。

スポンサードリンク

お米マイスター

西島豊造さんは
全国に約450人ほどしかいない
五つ星お米マイスターの資格を
持っています。

そんな西島さんにお米の保存法や
古くなったお米をおいしく食べる方法を
教えていただきます



お米の正しい保存法

特に梅雨の時期は
お米が悪くなりやすい。

おすすめの保存法は
保存袋に入れて野菜室に
保存することです。

しかし、野菜も入っているので
入りきれなかったりします。

冷蔵庫に入りきらないお米は
お米専用保存袋をつかうとよいそうです。

【玄米キーパー】

スポンサードリンク

お米の袋ごと入れ、
掃除機で空気を抜くだけ。

常温で保存できます

玄米キーパーにいれておけば
1年くらいはもつとのこと。

開封した後でも袋ごと入れるそうです。



古くなったお米を美味しく食べる方法

お米には賞味期限というものはなく、
味が落ちてもよいのであれば
2~3年は食べられるとのこと。

しかし、時間が経つにつれ
味は落ちていきます。

そこで古くなったお米を
美味しく食べる方法を
教えてくれました。

お米は外側から劣化するので、
劣化した外側だけを削ぎ落とし、
美味しい部分を残す再精米をします。

【古くなったお米を美味しく食べる方法】

1.古くなったお米をざるに入れる

2.お米が割れない程度に
軽く体重をかけて混ぜる

お米の再精米

3.白い粉が出なくなったら精米完了。


再精米をした方がいいお米

再精米をした方がいいお米は
半年以上が経過したか、
臭いがするもの。

無洗米は白米に比べ劣化が早いので
早めに再精米をしたほうがよいそうです。

関連記事

お米マイスターによるお米の正しい研ぎ方!【ヒルナンデス】

スポンサードリンク